重度の腰痛改善整体

春日井市コツコツ接骨院 完全予約制

HOME > 坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

病院での坐骨神経痛の治療とは

坐骨神経痛の治療

座骨神経痛の症状

整形外科の先生方の考え方によって治療は違うと思います。当院の患者さんから直接お聞きした話しですと問診、触診をしてから、坐骨神経痛の疑いがある場合はレントゲンを撮ります。原因がはっきりしない場合はさらにMRIという特殊な写真を撮って診断します。その後は症状のレベルによって坐骨神経痛を抑える神経ブロック注射や鎮痛剤、湿布や理学療法士さんによるリハビリ(牽引など)、電気治療、マッサージなどを行っています。

この症状は坐骨神経痛なの?

この症状は坐骨神経痛なの?

お尻の痛み、シビレがとれない

坐骨神経痛の特徴的な症状はお尻の奥のほうに鈍い痛みや足が重だるいなど、坐骨神経が走っているお尻から足にかけて神経症状が出ます。局所的な痛みというよりは下半身に広範囲で痛み、しびれ、だるさがでます最初の段階では坐骨神経痛に気づかない場合が多いので急性症状というよりは慢性症状になりやすいです。徐々に痛み、しびれ、だるさなどの症状が足の方へ下がっている場合は悪化している可能性があります。

やらかいクッションに座れば楽になるの?

座骨神経痛とクッション

固いマットや床に座ると痛い

楽になる場合とならない場合があります。楽になる場合はお尻の筋肉が緊張して坐骨神経痛になっている場合です。どういうことかと言いますと、坐骨神経は腰から始まって、お尻の筋肉の下を走っています(もしくはお尻の筋肉に挟まれたり、筋肉の中を通過している場合もあります)自転車に乗って痛い、平泳ぎをすると痛い方はお尻の当たる部分に柔らかいクッションを当てるとお尻の筋肉の緊張が減り楽になると思います。

妊婦でも坐骨神経痛になるの?

座骨神経痛と妊婦

妊娠してからお尻が痛いのだけど

特に妊娠後期の方は体重の増加やホルモンの影響でむくみやすくなり発症しやすくなります。妊娠してお腹が大きくなると身体が前の方へ傾いていきます。それを倒れないようにするには腰を反らさないといけないのですが、この時にお尻の筋肉が一生懸命働いて身体を支えることになります。お尻の筋肉の下に坐骨神経が走っているので、筋肉が緊張して神経を圧迫すると坐骨神経痛になります。